自転車ダイエットをはじめよう!

乗り方とダイエットプラン

自転車でダイエットをする場合、どのようなプログラムに落とし込んでいくのが良いでしょうか。 乗り方と計画の作り方、この二つの視点で考えてみます。
まずは乗り方から
最も効果が上がるのは、やはり有酸素運動を意識することです。
できる限り平らなまっすぐに続く道を、しっかりと深く呼吸して一定のリズムで漕ぎ続けましょう。坂道の多い道はお勧めできません。上り坂を一生懸命に漕いでいくと、相当のカロリーを消費するように感じられるにもかかわらずです。なぜでしょうか?
坂道を漕ぐような運動、これは有酸素運動ではなく、無酸素運動だからです。脂肪を燃焼させる有酸素運動とは異なり、無酸素運動は筋肉を鍛える運動です。

ダイエット目的で自転車に乗るのであれば、有酸素運動に適した道を選ぶようにしましょう。

計画の作り方
ダイエットに必要なのは、続けられるプログラムです。つまり、毎日毎日、無理なくできること。もう一歩踏み込んで言うと、やらないと気持ち悪かったり、やらざるを得ないことに落とし込んでいくのです。
例えば、通勤です。一般的な社会人であれば、職場まで何らかの手段を使って移動しますよね。ここに自転車を忍び込ませてみてはどうでしょう。通勤には電車を利用する人が大半だと思います。駅までの移動に自転車を利用してみましょう。
この場合、駅まで徒歩10分という人は最寄の駅では意味がありません。そういう人は、一つ二つ先の駅まで行ってみてはどうでしょうか。なお、雨の日は無理をしないで下さい。雨が続いても同じくです。
ここでポイントになるのが、期間で考えるということです。一日一日ではなく、一ヶ月単位で考えてみましょう。続けることは大切です。もちろん、毎日続けるに越したことはありません。しかし、そこにこだわり過ぎるとどこかでまいってしまいます。そして、続かなくなってしまいます。
一ヶ月という期間で考える場合、続けるということは決して毎日続けることを意味しません。昨日は雨だったから乗ることができなかったので、今日は三つ先まで行ってみよう。そのように考えることができます。

ダイエットは継続が命。続けることができるプログラムを考えてみて下さい。