効果的な自転車ダイエット

無酸素運動と有酸素運動

自転車をダイエットへ結び付けるにはどうしたら良いか。有酸素運動にすれば良いのです。自転車は乗り方しだいで、しっかりとした有酸素運動になります。では、自転車をより効果的な有酸素運動とするための方法について考えてみましょう。

ポイントになるのが、無酸素運動です。

有酸素運動は脂肪を燃焼させる運動のこと。
無酸素運動は筋肉を鍛える運動です。
この無酸素運動を有酸素運動と連動させることで、効果的なダイエットにつなげることができるのです。
なお、無酸素運動と有酸素運動の関係については、ベストセラーになった齋藤真嗣医師の『体温を上げると健康になる』が参考になります。興味がある人はぜひ読んでみて下さい。それでは、ここからは齋藤医師の指摘と合わせて考えてみます。
一般的に、有酸素運動は20分以上続けることが大切と言われています。脂肪燃焼は、有酸素運動を開始してから20分前後に始まることが理由です。ところが、有酸素運動の前に無酸素運動を行うと、その半分程度の時間で脂肪燃焼段階に入ることができるそうです。
これはお得ですよね。自転車ダイエットに取り入れない手はありません。それでは、有酸素運動へ入る前に無酸素運動をするにはどうすれば良いか。まず坂道を漕いで、その後に平坦な道を漕いでいく。皆さんの周りに、このような都合の良い環境があればですが。
ヒントは『体温を上げると健康になる』の中にあります。齋藤医師は、ジョギングをする前に20m全速力で走る(無酸素運動)だけでも、ダイエットには効果的だと言っています。これを応用して、無酸素運動をしてから自転車に乗るようにしましょう。
代表的な無酸素運動は、いわゆる筋トレ、筋力トレーニングです。腹筋でも、背筋でも、スクワットでも、自転車ダイエットをする前に、気軽にできる筋力トレーニングを取り入れてみると良いと思います。
ダイエットの秘訣は、とにかく続けること。有酸素運動と無酸素運動の組み合わせで、無理なく続けることができる、自分ならではの自転車ダイエットを考えてみてはいかがでしょうか。